2012年2月23日木曜日

連載コラム「犬を知る!」第9回




少しお休みになっていましたが、ご好評いただいていますBig Tree for Animalsとのコラボ企画の連載記事。今回は「トラウマがある(と思われる)犬を譲渡する際の心構え」というテーマに挑んでみました。

分け合ってシェルターなどにやってくる犬のことを「可哀相」と思う気持ちは大変尊いものだと思います。その気持ちが「なんとかしてあげたい!」とか「是非セカンドチャンスをあげて幸せになってもらおう!」というポジティブな行動につながり、アダプション(譲渡)という素晴らしい結果になるわけです。ただ、ここで大切なのは、アダプトしてきた犬の経歴が可哀相なものだからということで、常に同情の気持ちを抱き続けたり、第二の犬生は好きなように甘えるだけ甘えさせてあげよう!となってしまっては、その犬のセカンドチャンスも台無しになりかねません。

シェルターなどから犬をアダプト(譲渡)してくる際の飼い主の心構えで大切なポイントを考えてみました。

新しく引き取った愛犬と末永く素晴らしい関係でいられるために、この記事が少しでも参考になれば…という思いで取り組みましたので是非読んでみてください!


2012年2月17日金曜日

『ドギーパラダイス!』第34回♪



US FrontLineの連載記事『ドギーパラダイス!』

第34回: ドッグパーク

(上記US FrontLine部分をクリックするとオンライン版に行けます)
26ページに記事あります。

今回はドッグパークについてを
ちょっと辛口に書いてみました。

ドッグパークってコンセプトは素晴らしい!と
思うのですが、実は個人的にはあまり
好ましく思っていません...。
それは、ドッグパーク常連の飼い主たちの
中に大変マナーが悪かったり、
ドッグパークの利用の仕方を間違えてる!
と思われる人が多いからです。

今回の記事ではそんなところをちょっと
辛口に取り上げてみましたので
是非是非読んで一緒に考えて
いただきたいと思います。


また貴重なご意見・ご感想もお寄せください。

2012年2月14日火曜日

2012年2月11日土曜日

犬のいる生活



ぼくの名前は「Noah (ノア)」です。
2月3日(金)にここのおうちに来ました!

またにぎやかな生活が戻ってきました。6ヶ月半のパピーがうちにやってきたのです。うれしい♪ うれしい♪  生活ががらっと変わりました!にぎやかになりました。笑いが絶えない日々♪ もちろん「こらっ!」と声を上げることもちょくちょくですが...(笑)


赤ちゃんの時のノア


この時のノアにも会ってみたかった!


最初は自分のことを子猫と思ってたようです(笑)


ノアの本当のお母さん。ノアより先に無事に良いおうちが見つかりました。


すでにわたしが大好きな愛息子ノア。いつも身体をくっつけてきます。夜ソファーで私の横ですやすや眠るのが大好きみたいです♪ 安心しきって寝ています。 かわいい♪

ラジオ出演♪



来週、2月17日(金)の午後一時半頃にFM COCOLOの「ニューヨーク・スタイル」のコーナーに出演させてもらうことになりそうです♪  いえ~~~い♪

関西在住のみなさま、どうぞご拝聴ください~!内容的には、わたしの動物愛護活動についてのお話になります。

詳細はまた来週お知らせいたします。

楽しみ♪  楽しみ♪

2012年2月2日木曜日

『ドギーパラダイス!』第33回 ♪



US FrontLineの連載記事『ドギーパラダイス!』

第33回: 犬の社会性

(上記US FrontLine部分をクリックするとオンライン版に行けます)
28ページに記事あります。

今回はとても大切なテーマです。

日頃「問題解決手伝ってください」と
依頼を受ける件の多くは、犬の社会性が
欠けているために起こっている問題です。
また、シェルターに捨てられてくる犬の
多くも社会性に欠けるために、人間社会で
平和に暮らしていけないからと捨てられます。

そしていつも悪者は犬。

でも、それは親である飼い主が役割を
きちんと果たしていないから起こるのです。

犬も教育が必要。
親である飼い主が、愛犬に人間社会で
平和に暮らせるための社会性を養う
機会を与えないといけません。

是非読んでくださいね。

また貴重なご意見・ご感想もお寄せください。