2012年12月30日日曜日

バトンタッチ




日本から「巳」がやって来ました。
「辰」とのバトンタッチです。

2012年から2013年へ

実はここで以前にもご紹介した母の手作りの干支のぬいぐるみ
毎年本当に楽しみにしていたのに、先日母が手芸店に行くと
「もう置いてないんです~~」と。がっくり…。
なので母が代わりにと墨字で来年の干支を送ってくれました。

みなさまも良いお年をお迎えください!



2012年12月27日木曜日

『ドギーパラダイス!』第52回



US FrontLineの連載記事『ドギーパラダイス!』

第52回: 犬と教育

(上記US FrontLine部分をクリックするとオンライン版に行けます)

24ページに記事あります。

ちょっと早めにフロントラインの新年号が
巷に配布されていたようです!
オンライン版も本日出ました。
なので来年号ですが公開!(笑)

長年の動物愛護活動の経験から強く思い信じることは
「愛する犬たちを助けるには人間と向かい合い
犬教育をし合いすること」ということです。

人間が犬教育できていない限り
犬の悲しい状況は一生変わらないでしょう。
犬のために人間同士が向き合う。
犬を学ぶ!

是非!是非!読んでください♪

2012年12月25日火曜日

メリークリスマス♪



♪メリークリスマス♪
このセーター、ママサンタが
クリスマスに間に合うようにと
一生懸命編んでくれました。
可愛いですか?

僕の名前入りのセーターです。
世界に一つしかない貴重もの!
そんな僕は幸せわんですね♪

みなさんもメリークリスマス♪

ノア

2012年12月21日金曜日

僕の大好きな時間♪



近所のサッカーフィールドでママとFetchをするのが大好きです♪
顔も身体も「うれし~~~~♪」となります。

2012年12月20日木曜日

ちょっぴりのクリスマス気分をお届け~♪



マンハッタンの有名クリスマスツリーの一つ
Bloomberg社のツリー
今年一番に見つけたツリー


先日招待で行ってきたニュージャージーの
マリオットホテルのロビーのツリー


うちのビルのロビーに飾られたこじんまりツリー
でもこれがあるだけで外から戻って来た時
あったかい気持ちになれます♪


2012年12月1日土曜日

犬の運動量




先日の『犬を学ぼう!』のセミナーの際に質問に出たのですが、犬の運動量の目安は?という件。それぞれの犬によって変わってきたり、なかなか具体的な数字を出すのが難しいですが、私自身でも実行し、またアダプション・カウンセリングの際にも大体の目安としてお話するのが、毎日朝と夕一日二回、それぞれ45分から一時間歩きましょう。それもたらたらたらと歩くのではなく、こちらも汗ばむくらいの速度で。健康な犬ならこれが最低ラインではないでしょうか。サイズや年齢、また天候によって多少の上限はあるにしろ、これくらいは毎日愛犬にしてあげるべき運動(そして飼い主の運動にもなります!)もっともっと必要になってくる犬種もいますから。

また、やはり犬は心臓バクバクするくらい走りたいはず。心身の健康維持に走る必要があると思います。なので、エキストラで(エキストラです。たまに走り回らせるだけを基本の運動としないように)、うちのノアには上記のフェッチング(ボール追いかけっこ)を最低30分、長い日は1時間やります。最低でも週に2日。今週は4日連続やりました!これをして ↓ の顔、口が口裂け女くらいほっぺの横まで広く開いて、舌がべろ~んと長く垂れて、目が小さくなって、はっはっはと息づかいが荒くなると「大満足で~~~す!」という証拠のよう。笑ってますから。こんな日の後は家に帰っても満足でお利口ですが、やはり運動量が足りてない時は家の中でストレス発散に何かやらかそうとします。なので愛犬が悪戯ばかりしたり、構って欲しいとせがんでばかりする時は心身の刺激と運動が足りていないというサインでもあると…。


『犬を学ぼう!』第二回



11月29日(木)に「犬を学ぼう!」第二回開催いたしました。嬉しかったのが、参加者のほとんどが初回に来ていただいた方で「面白かった、ためになった。なので次回も参加しよう」と思っていただけたのだろう…と励みになりました。


さてさて、二回目の今回は豪華ゲスト講師をお迎えしてのセミナー。テーマは「犬の飼い主として最低限知っておいてほしいこと」ということで獣医師の目から飼い主の私たちに学んでおいてほしいことをたっぷりとお話していただきました。


ゲスト講師の添田晋吾獣医師

先生は2000年にThe Animal Medica Centerのインターンとして渡米され、その時ボランティアで始めたHumane Society of New Yorkで今もずっとお勤めです。日本で獣医をしていたからといってアメリカでそれが通用しません。しかし2007年に晴れてアメリカの獣医師ライセンスを取得され、今はアメリカでも獣医師として大活躍中。


私自身も同じ思いですが、都会のアニマルホスピタルに行くと待合室には患者さんが一杯。先生もスタッフもばたばたばたと大忙しでなかなかゆっくりと愛犬の話をすることがままなりません。なのでこのセミナーは日頃疑問に思いながらなかなか主治医とは話し合えないような点を色々と質問できたり、細かい点を専門家の方からたっぷり教えていただき(それも日本語で)参加者のみなさんも大満足だった様子です。2時間以上の延長戦になるほどの質疑応答たっぷりのセミナーになりました。


2012年はこれで終了ですが、1月には今度はグルーミングの講習。2月にはわたしの「犬のしつけ101:しつけ全般についてのQ&Aセミナー」を実施予定です。乞うご期待!


2012年11月27日火曜日

『ドギーパラダイス!』第51回



US FrontLineの連載記事『ドギーパラダイス!』


第51回: ノアの成長

(上記US FrontLine部分をクリックするとオンライン版に行けます)

18ページに記事あります。

今回は一年の締めくくりに、わたしにとって
今年一番!だった出来事について書いてみました。

「ノアのお話」です!

なんと言っても2012年はノアの年でした。
そのわが家の新入り犬、ノアの成長と
わたしの「育児」奮闘ぶりのコラムです。

是非!是非!読んでください♪

2012年11月5日月曜日

『ドギーパラダイス!』第50回



US FrontLineの連載記事『ドギーパラダイス!』

第50回: 吠え

(上記US FrontLine部分をクリックするとオンライン版に行けます)
18ページに記事あります。

今回は犬の「吠え」について書いています。
この犬好きのわたしでも犬の過剰吠えは
とても耐え難いものがあります。

でも、吠えは犬のコミュニケーションツール。
過剰吠えをしているのには犬なりの理由が
あるのです。それを人間がしっかり理解し
過剰吠えを解決しましょう。

犬も、飼い主も、また周りの人も動物も
みんなほっと平和な気持ちになれるはず…。

是非是非読んでください。



2012年10月19日金曜日

秋晴れの午後♪


明日は一日雨…とか聞くと「その前になんとかしなければ!」といつもむずむずします(笑)そう、ノアの運動。いつも天気の先読み。そしてそれに基いてスケジュール組み。犬を飼うと天気予報博士になりますから…。

金曜の今日は夜中から雨と言っていたので、ではでは木曜は思い切り遊ばさねば!と走らせてきました。最高の秋晴れの午後だったので親子でハッピー♪



最近リスを追っかけるのに無茶苦茶夢中のノア太郎なので
もしかのためにと長いリーシつけてますが
うんと遠いところまで行っちゃってるので意味ない?(爆)

2012年10月8日月曜日

『犬を学ぼう!』第一回講習会無事終了!


長い間構想を立てていた犬を勉強する会、『犬を学ぼう!』というタイトルでようやく実行に移すことが出来ました。その記念すべき?第一回、10月4日(木)にマンハッタンはアッパー・イースト・サイドのとある会議室で開催しました。

すごい!予約をしてくださったみなさまが全員揃って時間きっちりに出席してくださったのには嬉しい驚き。これって犬パワーでしょうね、きっと。さすが…。


今回は初回ということもあって、この勉強会を作った経緯と、これから考えてる様々なプログラムの紹介に加え、犬の飼い主としての大きな大きなテーマ「あなたの犬は幸せですか?」を色々な角度からみなさんと考えてみました。結構みなさんこのテーマ常に頭にあるようで、自分の飼い主度チェックを真剣にやっていらっしゃったようです。よかった!


話をしている時も参加者のみなさんの目が輝いていて、一生懸命な姿勢がすごく感じられました。みなさんの犬を愛する気持ちといい飼い主になりたいという熱意が本当にひしひしと伝わってきて、やってよかった!と思えてた夜でした。みなさん犬への知識も豊富で、レベルがかなり高いと関心でした。質問も飛び交う熱心さ。素晴らしいですね。


今回は初めてなのでそんなに人が集まらないのでは…と思い、全員で会議机を囲んでと設定したら、数名の方の席が足らなくなってしまいました。その方たちにはうしろに椅子だけで参加してもらうはめに。隔離された感で、掲示物も見えなかったと思うし、ちょっと申し訳なかったです。反省材料。


最後にみなさんにアンケートを記入していただいているところ。全員すごく丁寧に返答してくださいました。これを参考に今後を考えたいと思います。ありがとうございました~!

もちろんまだまだ続きます!続けたいです!がんばります!いずれは日英語両方でやりたいとも思ってます。次回の講習会情報、こちらにも掲載するので是非またチェックしてみてください。宜しくお願いします。




2012年10月5日金曜日

『ドギーパラダイス!』第49回




US FrontLineの連載記事『ドギーパラダイス!』

第49回: 犬から学ぶこと

(上記US FrontLine部分をクリックするとオンライン版に行けます)
18ページに記事あります。

今回でこの『ドギーパラダイス!』二周年を迎えました。
休まずにずっと書いてこれたのも犬たちのお陰です!!!

記念号なので、今回は犬への感謝の気持ちを
込めて…。「犬から学ぶこと」と題し
わたしが犬から日々教えてもらっていることを
ちょっと熱く(笑)書いてみました。

是非是非読んでください。

2012年9月20日木曜日

『ドギーパラダイス!』第48回




US FrontLineの連載記事『ドギーパラダイス!』

第48回: 犬と旅行

(上記US FrontLine部分をクリックするとオンライン版に行けます)
22ページに記事あります。

今回は犬と旅行について書いてみました。
犬を飼っていると旅行の際に苦労することも
ありますね。でもせっかくの旅行、
愛犬にも人間にもなるべくストレスに
ならないようにしたいもの。

犬とする旅行も、置いていく旅行も
普段から準備しておくといざという時に
事がスムーズに運びやすいはず。
飼い主として心がけておきたいことを
色々書いています。

是非是非読んでください。

2012年9月17日月曜日

いよいよ始まります!




長い間構想中だった「犬を勉強する集まり」、
いよいよ開始準備が出来ました!


マンハッタン周辺のみなさま、
犬を飼ってる、飼ってないに関わらず
犬好き、犬のことをもっと知りたい人
ふるってご参加ください!

お待ちしております~♪


2012年9月13日木曜日

連載コラム「犬を知る!」第11回





また少し間があいていましたが、久々に戻ってきましたBig Tree for Animalsとのコラボ企画「犬を知る!」。その第11回が掲載されました。今回はわたしが個人的に一番情熱を注いでいる話題です。題して「ピットブルの魅力」 (←の「ピットブルの魅力」をクリックしてください。コラムのリンクに行きます)

これは是非是非読んでほしいです!


2012年9月5日水曜日

『ドギーパラダイス!』第47回




US FrontLineの連載記事『ドギーパラダイス!』

第47回: レノックス

(上記US FrontLine部分をクリックするとオンライン版に行けます)
27ページに記事あります。

今回は今年の夏、全世界の動物愛護に関わる人々を
悲しみの渦に巻き込んだ
北アイルランドのレノックスの悲劇について書いてみました。

是非是非読んでください。

2012年9月1日土曜日

せめても…

最近Facebookへの近況や写真のポストの方ばかり盛んにしていて、こちらがめっきりお粗末になってしまっていますよね…(悲)そしてアッと気がつけばもう9月!せめても…と今日はノア太郎の最近の写真を何枚か載せて近況報告とさせていただきます。

ちなみに、ノア太郎もジュリエットもいっちょまえにFacebookのマイページ持ってます!(笑)








ノア太郎は元気にすくすく大きくなっています。
夏場は湿疹が酷くてみていてもちょっと可哀相ですが…。
涼しくなってきたら治ってくれることを願うばかり。

色んなことが毎日毎日山積みに起こる…。また必ず戻ってきて、日々感じていることなど書きたいと思います。是非読みに戻ってきてくださいね♪


2012年8月17日金曜日

『ドギーパラダイス!』第46回



US FrontLineの連載記事『ドギーパラダイス!』

第46回: 盲導犬

(上記US FrontLine部分をクリックするとオンライン版に行けます)
22ページに記事あります。

今回は人間のために一生懸命忠実に働く犬たち
「盲導犬」についての記事です。

盲導犬になれる可能性をもったパピーたちの育成の
ボランティア活動をされている、またこの『ドギーパラダイス!』を
いつもご愛読いただいているシアトル在住のなおみさんの
ご協力を得てインタビュー形式でまとめてみました。

是非是非読んでください。

これからもこのような「素晴らしい犬と人間の関係」
のお話を記事にしていけたらと考えています。

また貴重なご意見・ご感想もお寄せください。

2012年8月7日火曜日

『ドギーパラダイス!』第45回



US FrontLineの連載記事『ドギーパラダイス!』

第45回: 座敷犬

(上記US FrontLine部分をクリックするとオンライン版に行けます)
23ページに記事あります。

初めてこの「座敷犬」とうい表現を聞いた時
正直、なんじゃらほい???と
良く意味が分からなかったのを覚えています。

しかし!巷には「座敷犬」が多い。

わたしは日頃から犬を犬の視点で見て、感じて
犬を学まなぼうとしているので
座敷犬とその飼い主の関係には
いつも問題を感じています。

今回はそんなとろろを色々書いてみました。

是非是非読んでください。

また貴重なご意見・ご感想もお寄せください。

2012年7月26日木曜日

一歳になりました ♪♪♪

なんだかんだとばたばたしていてこちら『犬のこころ』の更新がアップアップ状態ですが、その間に色々イベントあり!まずはこちらの超ハッピーイベントから!


ノア太郎、一歳のお誕生日を迎えました♪


超正確なお誕生日はわからないのですが、うちのシェルターに運ばれてきたとき手のひらに乗るくらいの小さい小さいわんで、きっと生後1週間から10日といったところだったと思います。それが2011年の7月14日だったので、よし!覚えやすいアメリカの独立記念日、7月4日をお誕生日にしよう!と決めました。なので今年の独立記念日はめでたい、めでたい、ノア太郎くんの一歳のお誕生日でした。

ノアの超お気に入りの角のアイリッシュパブの外のテーブルでお誕生パーティー♪ 大きなバースデードギービスケットを前に大興奮のノア。すごく暑い日ではありましたが、楽しいお誕生パーティーになりました。



一歳になったので「もうパピーじゃないよ!もう大人になってるんだからね。」とちょっと厳しい母に変身と思っていますが、まだまだパピー行動で思い切り笑わせてくれるので難しい~~~。しかし、立派なセラピードッグになるためにも少しずつ落ち着いた大人の香りをただよわせるわんにしつけていかねばですね。母の手一つ!かも。

今、55パウンドちょっとになりました。


去年の夏、生後一ヶ月のノア
(まだうちの子ではなかった時代)


2012年7月22日日曜日

夏休み!ひっさしぶりのフロリダ♪




今回ノアを初めておいての旅行ということもあり、たったの4日間と短い夏休みでしたがフロリダに行ってきました!フロリダ州への旅行はこれが3度目。一度目は大昔に日本から。アメリカを大きく一周した際に、オーラーンドのディズニーワールドで2泊3日しました。でも、空港→ディズニーワールド→空港の旅だったので、フロリダ!と言うところは見ず仕舞い。二度目はこれも大昔?もう10年以上も前ですが、マイアミに到着、レンタカーでFlorida Keysを走り抜けてKey Westにも行きました。アメリカ最南端から見えないキューバを一生懸命探した記憶も。その時は南フロリダを結構じっくり見れたと思います。そしてKey Westに惚れ込みました。

そして今回が3度目。今回はFort Lauderdaleという街、マイアミから北に車で20-30分のところに位置する、フロリダのベニスといわれる海と運河の美しい街です。

ニューヨーク方面の人々は厳しい冬を過ごさないといけないこともあり、とにかくフロリダファンで、旅行もフロリダ、老後もフロリダとよく会話にでてきますが、今までKey West再訪問以外あまり興味がありませんでした。しかし!今回の旅行でフロリダの印象急上昇!物価は安い(ニューヨークと比べたらどこでもそうか…)、人は穏やかでやさしい、いたるところにきれいな花が咲き乱れ、トロピカルな植物が青々と茂り、パームツリーの行列~~~で、どこにカメラをむけても絵になる。カリフォルニアとはまた違った海のよさがあるのがフロリダ。




ま、でも湿度は高いので毎日がBad Hair Dayです。わたしのストレートヘアーもちりちり…。後、いつやってくるかわからないスコールみたいな嵐もあるし、なんと言っても台風の危機は住民にはずっとついてまわってるようです。おうちも防備しっかり!北では見れない台風に備えての様々な準備が目につきました。それに日差しはやっぱりすごい!あなどっていたら5分でも真っ赤っか。

ビーチでのんびり寝転がっておしゃべりしたり、ボディーサーフィンまがいの遊びをしたり、またおうちのプールでマルガリータやビールを片手にじゃぶじゃぶとプールを楽しんだり。新鮮美味しいシーフードの店めぐりも、夏休みを楽しむ人たちで一杯のバーめぐりも一杯しました。

ああ、楽しかった、楽しかった。お留守番のノア太郎もシッターさんに甘えてお利口さんだったようです。ほっ♪


家にこんなプールがあるなんって超贅沢~~~~


2012年7月18日水曜日

『ドギーパラダイス!』第44回




US FrontLineの連載記事『ドギーパラダイス!』

第44回: 夏と犬

(上記US FrontLine部分をクリックするとオンライン版に行けます)
22ページに記事あります。

楽しいイベントが盛りだくさんの夏ですね。
愛犬も一緒に楽しい夏を安全に過ごすために
飼い主が是非とも頭に入れておきたい
諸々の点について書いてみました。

是非是非読んでください。

また貴重なご意見・ご感想もお寄せください。

2012年7月4日水曜日

『ドギーパラダイス!』第43回



US FrontLineの連載記事『ドギーパラダイス!』

第43回: カラー(首輪)とリーシ(引き綱)

(上記US FrontLine部分をクリックするとオンライン版に行けます)
27ページに記事あります。

カラー(首輪)とリーシ(引き綱)は
愛犬にとってはお洒落なアクセサリーではなく、
命を守る大切なツール。

見かけだけで選ぶのではなく、
安全性と機能性を重視して
しっかり選びたいもの。

また巷には問題行動解決に役に立つ
カラーやリーシも色々あります。

今回は犬のカラーとリーシについて
書いてみました。

是非是非読んでください。

また貴重なご意見・ご感想もお寄せください。



2012年6月30日土曜日

暑中お見舞い申し上げます!



ノアの大好きなドッグパークにもプール大・小が準備されています


一番仲良しの一歳のハスキー君と行水
ハスキーくん、さすがに暑いみたいです
肩までつかって涼んでました

東海岸は二週に渡り熱波・Heat Waveがやってきています。
夜中も早朝も温度が下がりません…
暑い~~~~

早朝しか運動できないので6時過ぎに公園に
お散歩に行きますがもわっとした空気。
でも一時間歩いておかないと一日運動できないからね…

暑中お見舞い申し上げます!

熱中・熱射病には気をつけて
楽しい夏を過ごしましょうね♪


2012年6月29日金曜日

今回の『ドギーパラダイス!』にも取り上げましたが、急遽引越しをしなくてはいけないことになっていました。正直本当に大変な日々になっていました…。

これはニューヨーク市にはなんとも良くある話らしいのですが、うちの大家さん、やってはいけないことをやっていたわけです。市に黙ってアパートを貸していたと…。そして誰かに密告されて市の調査が入り、すごい額の罰金支払いに、出廷に、アパート使用禁止命令。ニューヨークでは同じようなことをしている大家さんが星の数ほど居るらしいのですが「赤信号、みんなが渡るから一緒になって渡っても良し」ではないですよね、やっぱり。それで事故しても誰も責めれない…。やってはいけないことはやってはいけない!というわけです。

まあ、大家さんも「まさか…」と高をくくっていてこのはめで大変は大変なのでしょうが、なんといっても大変だったのは住人だったわたしたち。全く引越しの予定などないのに突然「申し訳ない。出て行ってもらわないといけなくなった」と言ってこられたときには目が点、頭がパニック状態でした。

犬、そしてピットブル系を連れての家探しがどれほど大変かを痛いほど知っているわたし。その大変さで捨てられてくる犬、ピット系を毎日見ているわたしです。困りました…。

何軒回ったでしょうか…。20軒は見たかもしれません。犬、ピット系OKですよ!っていう物件はわたしがどう頑張っても住めそうにない物件。あ!いいかも。と思ったら、大きい犬は駄目だったとかピット系は駄目だとか。

一度は管理人さんが大型犬と聞いて連れてきてと言って来たのでノアと出向いてみると、見るなり速攻で却下。「わんちゃん自体はフレンドリーみたいだけど、うちのビルの保険会社がいわゆる危険犬種に属する犬を入れたら保険をキャンセルしてくるから無理だ」と。横にいたおやじは「犬を処分したら?そしたらうちに入ってこれるよ!」だって。「家族を処分はできません!何を言ってるんですか!」と鼻膨らませて怒りながら退散しました。

電話で犬種を聞いてきた管理会社もピットと聞いて「あ、それ子供を襲う犬だから駄目」と。うちの犬は子供なんて襲わないし、犬種が子供を襲うのではなく無責任な飼い主に飼われてる犬が襲うのだ。うちの犬に会ってくれ!といいましたが無視。

本当に大変でした…。

いやあ、家の件でばたばたするとストレスレベルがすごくなるというのは何度も経験済みですが、またまた痛感しました。

仕事で何か問題あってもストレスは溜まります。恋愛でも問題あってもストレスは溜まります。友人関係で何かあってもストレスはたまります。遠い日本の家族・友達に何かあってもストレスは溜まります。でも、「家」で何か起こっているときのストレスはすごいです。勝手に身体に支障を作って重病になっているとかしてしまっていましたから(想像で)。

やっぱりそれだけ人間にとって(動物にとっても)「平穏な家」というものが精神バランスを保つためにはものすごく重要なんだということをまたまた改めて実感。

約一ヶ月半、本当に疲れ果てた頃にすごくいい物件に出会えました。それもこの間の家から目と鼻の先。生活圏内は全く変えないで済む。ノアの公園も犬友ともバイバイしなくってよし!本当にほっとしました。そして、これこそわたしの運命共同体で11年半一緒に苦労も幸せも潜り抜けてきたジュリエットの助けだとつくづく感じられました。

弟分のピットブル・ノアを、そしてわたしを助けないと!二人が平和に楽しく暮らせる場所を!と一生懸命頑張って探してくれたようです。

契約書にサインした直後に引越しということになり、荷造りも何もしていなかったのですが、これもまた親切で働き者の引越し業者のおじさんたちが一生懸命頑張ってくれてスムースに終わりました。

5月中旬からノアとわたしの新しい家での快適な生活が始まっています。


リラックス~~~~


アイリッシュ・パブにうんと近くなったのでノアのお気に入りの店になりました♪



2012年6月20日水曜日

『ドギーパラダイス!』第42回




US FrontLineの連載記事『ドギーパラダイス!』

第42回: 犬と引越し

(上記US FrontLine部分をクリックするとオンライン版に行けます)
23ページに記事あります。

いやいやいやいやいや…大変なことになっていました。
3月末に突然大家さんから「どうしても
引っ越してもらわないといけなくなった…」と。

去年の夏に引っ越してきてまだ一年未満。
それにエリア、アパート共とても
気に入っていて、この快適な生活に慣れてきた頃。

そ、そ、それになんと言っても
引越しに一番の難関の犬がいる。
ノアを迎え入れる際にくどいほど
「犬を迎え入れるが大丈夫か」とあれだけ
確認したと言うのに…。

まったく自分の意志とは裏腹でしたが
どうしても仕方のない話、腹をくくりました。

しかし…

大きな犬。ピットブル。
この条件での次の家探しの超大変だったこと。
そして超不公平で矛盾している世の中。
しばらく怒りとフラストレーションで
ストレスが溜まりまくっていました。
でも、起こる事全てには深い意味があるのでしょう。

そんな犬を連れた急遽の引越しの話、
是非是非読んでください。

また貴重なご意見・ご感想もお寄せください。

2012年6月15日金曜日

連載コラム「犬を知る!」第10回




久々に戻ってきましたBig Tree for Animalsとのコラボ企画「犬を知る!」第10回が掲載されました。今回はすごく勉強になるビデオも色々はいって面白い!

犬のカーミングシグナルについてのコラムです。(カーミングシグナルをクリックしてください。コラムのリンクに行きます)

カーミングシグナル???って思った方はすぐに読んでみてください。また、日頃から愛犬の出す信号を興味深く観察している飼い主のみなさん、このビデオとコラムでご自身の分析と照らし合わせてみてください。きっとまた新しい発見もあるかもですよ。

犬は「言葉」を話すかわりに色んな方法でわたしたちに信号を送り意思表示をしていますよね。その中のカーミングシグナル。とても大切な信号なので是非読んでまたひとつ犬を知ってあげてくださいね。そうすれば犬との絆がもっともっと深くなりますよ♪



2012年5月31日木曜日

『ドギーパラダイス!』第41回




US FrontLineの連載記事『ドギーパラダイス!』

第41回: 犬が運んでくれた縁

(上記US FrontLine部分をクリックするとオンライン版に行けます)
27ページに記事あります。

犬を飼っていらっしゃる方ならよく分かると思いますが、
犬と外に出るだけで当に色んな人と会話が始まるんです。
犬連れでなかったら絶対に話してないだろうって
人たちとでもぽんぽんぽんと。
これも犬の力ですね。

このドギーパラダイス!を書き始めてから
本当にたくさんの出会いがありました。
これも本当に犬たちのお陰。
そんな出会いを紹介しながら
いつも読んでくださっているみなさまへの
お礼の号とさせていただきました!

今回は個人的なお話ですが、
是非みなさんとシェアしたい題材です。
是非是非読んでください。

また貴重なご意見・ご感想もお寄せください。

2012年5月25日金曜日

『ドギーパラダイス!』第40回




US FrontLineの連載記事『ドギーパラダイス!』

第40回: 犬と子供

(上記US FrontLine部分をクリックするとオンライン版に行けます)
23ページに記事あります。

今回は、犬と子供の関係について
を書いてみました。

テレビや映画で観る犬と子供は
本当に仲良しで世界一の親友!と
いう感じですよね。
でも、果たして実際のところは
どうなのか?

毎年の統計から犬に噛まれた事件の
多くが小さい男の子だということ。

犬と子供の関係について書いてみました。
また、犬が大好きな子供さんたちに
「犬飼って!」とせがまれた時の
親としての考慮点などにも触れてみました。

是非是非読んでください。

また貴重なご意見・ご感想もお寄せください。

2012年5月5日土曜日

めさぜ、ピットブルの代表選手!



巷ではまだまだ全てのピットブルは凶器犬だ!扱いをされ続け
可哀相な思いをするピットたち(とその飼い主)が一杯。

なのでノアをピットブルの代表選手に育てて
犬種じゃない!悪いのは全て飼い主だ!
ピットブルはとってもいい犬なんだ!ということを
世界に伝道活動したいと…。

その一こまをどうぞ。
今日のドッグパークでの激写。
5パウンドほどのヨーキーにキスされている
50パウンドのピットブル
このヨーキーくんはそんな偏見とか
全然持ってなかったですよ。
Shame on HUMANSということですね。

↓ やっとFetchingの楽しさを覚えました♪
最近はこれが超お気に入りです。
これで思い切り走ってくれたら
家でバタンキューなのでラッキー♪